What's New グレインズ・イニシアティブ最新情報

グレインマイスター講座のご報告

こんにちは!グレインズ・イニシアティブ研修生の垰田昌宏です。
2月21日~22日にグレインマイスター講座が大阪で行われ、今回は私も参加してきました。
どのような方が参加されたのか、そして講義内容で大切なポイントを書いていきます。

講義内容で大切なポイント
「グレインズ・イニシアティブの活動理念」
多くの人々が健康を害しているのは「ストレス」「食べ方」「運動不足」「けい皮毒」「放射能」「電磁波」・・・と数えたらキリがないほど「これこそが原因」という理論が氾濫しています。各専門家の方が言うことは本当に正しいかもしれません。上記の内1つでも間違ったり過剰になったら健康に影響がでます。しかし、人は食べずに生きていくことはできません。毎日の食べるものに気を付けることで、一番効率よく健康を守ることができるのではないでしょうか?「健康になるには食をまず正さなければならない」その理念からグレインズ・イニシアティブは活動を行っています。

さて参加された方ですが、遠い方はなんと島根県から来られていました。朝子先生が島根で講演をされてから「発芽モード玄米」の魅力に取りつかれ、日々の生活に取り入れていったそうです。そして今回しっかりと穀物について学ぶために受講されました。受講生の内2名の方は普段から天然酵母パンを焼かれていて、穀物についてもっと学ぶため、そしてパン作りに役立てるために受講されました。
美容院を営んでいる女性の方は、けい皮毒の危険性を学んでから全店石鹸シャンプーに変え、安全について勉強していくうちにグレインズに出会われたそうです。
ハーブ教室の講師をされている方は、「食」について勉強している時にグレインマイスターの方が主催したイベントに参加し、グレインマイスター講座の存在を知って今回受講されました。
マクロビオティックを実践されている方は玄米の安全性について疑問を持っていた時にグレインマイスターのイベントに参加し、グレインズと出会いました。他にも有機農産物の流通団体で働かれている方も参加されていました。
玄米、雑穀の正しい食べ方を学び、自分の知識が間違っていた事を知って多くの方が「えっ!そうだったんだ!」と言われていました。新しい事をしっかり吸収するために、講師の方の話に集中されていました。また、玄米パンの作り方を学び「目からうろこ」「どんどん取り入れていきたい」と玄米パンの秘める可能性にワクワクされていました。
グレインミルクを使用したパンが現在販売されている他、グレインズの技術を利用した新たな商品の開発が現在進んでいます。次はどのような新商品が登場するのでしょうか?講座に参加された方のアイデアを下に一部記しておきます。

グレインペースト、グレインミンチ、グレインミルクを使用したアイデア
色がでやすいハーブを使用してキレイな色をつけた飲料
お好み焼き
メロンパン
マヨネーズ
どぶろく‥‥‥
悪酒は酒粕を取り除かずにお酒に混ぜ込むらしいのですが、それで通用するお酒があるのなら、グレインミルクを使って仕込んだお酒にしたら健康に良いお酒になるのでは?

発芽モード玄米を使った料理の可能性はまだまだ広がります。
「このような料理に使えるかも!」というのを思いついたら是非教えてください!さて、次は講義中に出た質問を紹介します。

講義中に出た質問

Q.
お米を食べたら太るというけれど、太らないでしょうか?
A.
太りません!
PFCバランスをもう一回見てください。全カロリー量の60%は炭水化物で摂るべきという農林水産省の広報をご覧ください。ただ、食べ過ぎれば当然太ります。食べ過ぎにはくれぐれも気を付けてくださいね。
Q.
発芽モード玄米と豆類を一緒に炊いても良いのでしょうか?
A.
一緒に炊いても問題はありません。
お米と豆の栄養素を合わせるとアミノ酸スコアは100にかなり近くなるほど、お米と豆は理想的な組み合わせです。。
Q.
ブラック・ジンガーやリブレ・フラワーは炒ってありますが、
アブジシン酸の影響はあるのでしょうか?
A.
炒った事でアブジシン酸の影響はなくなっています。ですが、炒ってあることで大変酸化しやすくなっているので、すぐに消費する必要があります。ですが、一番問題なのは使用されている原料です。リブレ・フラワーの原料のお米は慣行栽培のお米であり、農薬の成分等は一切検出されていないとはいえ、あまり推奨できるものではありません。

Q.
分つき米はどう食べたら良いのでしょうか?
A.
玄米は傷つけられるともっと発芽抑制毒であるアブジシン酸を生み出してしまいます。分つき米として食べたいのなら、精米してすぐ水につけ、白米と同じように食べましょう。
Q.
ぬか漬けでは、アブジシン酸の影響はないのでしょうか?
A.
発酵というプロセスを経ることでアブジシン酸は不活性化し影響はありません。食物繊維や白米で摂れない栄養素を摂ることができるのでどんどん食べてください。
Q.
小麦も玄米と同様に発芽させられるのでしょうか?
A.
できます。
ただし水分の吸収力が大きいため、ミキサーではなくフードプロセッサーですると上手くいきます。
Q.
玄米はどこに保存すれば良いでしょうか?
A.
玄米は紙袋など通気性の良い容器の中で、乾燥した冷暗所で保管してください。コクゾウムシが発生してしまうようなお米は元から質が悪いか、保存場所が良くない場合が多いです。グレインマイスターである以上、農薬、除草剤不使用の玄米を購入してください。また、マンション住まいで良い保存場所がない方は、毎週2kgずつ購入するといった購入方法をオススメします。
Q.
1度発芽モードにした玄米は、どのように保存しておけばいいでしょうか?
A.
乾燥するとアブシジン酸が倍増してしまうので、乾燥しないよう注意して保存してください。
水を張ったボールに入れ、冷蔵庫の中で保存すれば良いと思います。
Q.
ミキサーはバーミックス(ハンドミキサーの商品名)でも良いですか?
A.
バーミックスでは、全ての玄米粒を粉砕することは困難です。また、なべ底を傷つけることもあるのでミキサーをオススメします。
プラスチック製のミキサーは玄米粒で傷がつくので、ガラス製の物を使用してください。
Q.
レシピの水分量は乾燥分量?浸水済みの量?
A.
全てのレシピは乾燥分量で記してあります。

知っているつもりでも、「あ、そんなこと考えてみたことなかった!」という質問があったのではないでしょうか?
「これはどうなんだろう?」と疑問に思うことがあったら自分で悩まずに教えてください。
ブログ上でお答えします。

以上、グレインマイスター講座の参加報告でした。

垰田昌宏
(大阪大学・外国語学部 インドネシア語科 4回生/
 グレインマイスター/NPO法人 グレインズ・イニシアティブ 研修生)